熊本県暴力追放運動推進センター

header-2

ひとりで悩まずにご相談を
暴力に負けない心と知識

各種対応の手引き

必要のない機関誌(紙)・情報誌購入要求への対応要領

事案の概要

某会社の事務担当者から、次のような相談を受けました。
「イラクのかわいそうな子供を救う会」と名乗る男から電話がかかってきて、図書や機関誌を購入しろと要求します。
やんわりと断ると、
「あんたは戦争で親がいなくなった子供たちをかわいそうと思わないのか。俺たちのボランティア活動に協力しろ。あんたでは話にならない。社長に代われ。今からそっちへ出向く。俺たちが行かないと思うと大間違いだ。」
などといわれ、怖くてなりません。

対応要領

電話の応対
1.相手を恐れず、挑発に乗らず、冷静に対処しましょう。
2.電話は、社長やトップへは取り次かず、担当者(平素から決めておいたがよい。)が応対しましょう。
3.「今回限りでよい。」と強引に要求されても、きっぱり断ることが重要です。

訪ねてきたときの応対
1.相手の住所、氏名、要件を尋ねましょう。
2.最初に応対時間(10分縲鰀20分)を告げ、短時間で打切りましょう。
3.応対は相手より多い人数でしましょう。
4.トップを出せと言われても、絶対に応じないことが重要です。
5.意思表示は明確に、はっきり断りましょう。
6.応対内容は記録するか、録音しておくとトラブル防止になります。
7.脅された場合は、おびえることなく警察へ連絡しましょう。

underinfo