熊本県暴力追放運動推進センター

header-2

ひとりで悩まずにご相談を
暴力に負けない心と知識

■各種対応の手引き

必要のない図書・機関誌等が売買契約に基づかないで一方的に送られてきた場合の対応要領

必要のない図書・機関誌等が売買契約に基づかないで一方的に送られてきた場合は、日時、部数などを記録し、次の要領で担当者を決めて保管・管理(間違っても廃棄しない)するか、相手へ返還しましょう。

保管する場合 1

保管する場合 1 返還する場合 1
14日間保管し、その間に送付者が引き取らない場合には、送付者の返還請求権がなくなり、自由に処分する事ができます。しかし、そのまま放置しておくと続けて送付されたり、「なぜ返さないか」などと言いがかりを付けられるので、明確な購入拒否と引き取り要求をする方がよいでしょう。 開封せずに当方の宛名部分に「受取拒否」と明記して押印し郵便局を通じて返送する。
保管する場合 2 返還する場合 2
購入拒否の明確な意思表示
引取ってもらいたいという意思表示を通知した場合は、7日間で送付者の返還請求権がなくなり処分できます。
開封後の返還
購読拒否の意思表示を相手方に明確に伝えた上で返送する。

文書によって購読拒否をする場合は、要件のみ簡潔に書き、内容証明郵便か配達証明郵便で相手方に通知する。

保管する場合の文例 返送する場合の文例
当社は図書「○○○○」を注文した事実はなく、購読する意思もありませんので、送付された図書を引取ってください。引取りのない場合は、本通知書発送後7日経過後に廃棄処分致します。また、今後も購読の意思がないことを申し添えます。 当社は図書「○○○○」を注文した事実はなく、購読する意思もありませんので、送付された図書を返送します。また、今後も購読の意思がないことを申し添えます。
underinfo